アキュラホームの注文住宅の良い口コミ・悪い評判2020~家を建てるなら知っておきたい坪単価とメリット・デメリット

2020年6月12日 | からeditor | ファイル: 未分類.

アキュラホームでは「品質も価格も、諦めない」家づくりをしています。

住まいづくりで予算的な負担をオーナーにかけず、建築後も長い期間心豊かに生活ができる住まいを提供しています。

住まいを高品質に保つ秘密は「匠の心」。

プロ職人集団を集め、住まいの品質・性能・デザインのクオリティの高いレベルを全棟で維持しています。

「永代家守り活動」などのサポートを通じて、いつまでもオーナー家族のパートナーであり続けたいと考えています。

今回は、そのようなアキュラホームの注文住宅について口コミや坪単価と特徴なども調べ、分かりやすくまとめました。

あなたの家づくりの参考にしてください。

アキュラホームで実際に家を建てた人の最新の評判・口コミまとめ

ここでは実際にアキュラホームで住まいを建築した人の口コミを集めました。

良い評判も悪い評判もありますので、是非参考にしてくださいね。

・「匠の心」をキャッチコピーとしているだけあり、とても知識豊富な方が多いと感じました。

私は日本らしい和風デザインを希望していたので、匠の技をより感じられたと思っています。

細かい部分まで丁寧な施工をしてもらえ、非常に満足しています。

・これだけ価格を抑えて注文住宅が手に入るとは思っていませんでした。

建売住宅の購入を考えていたのですがアキュラホームに出会えて本当に良かったです。

やはり自分たちのこだわりを詰めた家は思い入れがありますね。

予算内でマイホームを手に入れたので、毎月の支払いにも無理がありません。

・ローコスト住宅ということで標準価格が安いためかオプションが多少割高に感じました。

我が家はこだわる部分を決めて、その他の部分は節約する形で予算内に納めました。

それでもこの価格なので、仕方がないと思います。

・他のメーカーでは営業としか話ができないところもあるらしいですが、設計士とインテリアコーディネーターと話ができます。

営業は打ち合わせの窓口という印象です。

そのため、とても話が具体的でスムーズに進みましたし的確な意見をいただけて不安に思うことがありませんでした。

やはりプロと直接話ができるのは利点だと思います。

・建築中に設計図との違いに気づいた部分があるのですが、すぐに修正してくれましたし丁寧な対応でした。

どの担当の方も良い方ばかりで安心して家づくりが任せられましたね。

・設計士の方の能力が非常に高く、どんな質問にもすぐに返答をくれるし素晴らしい間取りを提案してくれました。

ただ、営業の方は逆に少し知識不足だったと感じ少し残念でしたが、直接設計士と打ち合わせができるので大きな問題にはなりませんでした。

・ランドリールームや大収納など家事のしやすさや暮らしやすさへの提案力が非常に高かったです。

片付けが得意な方ではなかったのですが、設計士さんが工夫してくれたお陰で子供も自主的に片付けをするようになってくれました。

常に家が片付いていて気持ちが良い暮らしができていますね。

アキュラホームの坪単価はいくら?高い?安い?

実際にアキュラホームで住まいを建築する場合の坪単価はいくらになるのかを調査してみました。

坪単価は45万〜65万円。

非常にコストを抑えた家づくりが可能であるという評判通りのようですね。

適正価格を叶えた秘密はアキュラホーム独自で行っている「アキュラシステム」。

住まいを高い品質に保ちながら大幅なコストダウンを実現しました。

この価格帯で注文住宅が手に入るというのは他社には真似できないのではないかと思います。

アキュラホームの注文住宅のここがすごい!こだわり・特徴5選を紹介

価格と品質の両立を叶えたことで有名なアキュラホームの住まいは匠の技が光る家が手に入ることで評判です。

その特徴はどういった内容なのでしょうか?

アキュラシステムによる適正価格への工夫

日本の住宅は世界的にみて高額であると言われていますが、その理由は従来の住宅業界の体質にあります。

家は高ければ良いというわけではありません。

「日本の住まいを安くする」という目標をもとにしているアキュラホームでは釘一本のコストまでこだわる独自のアキュラシステムを設け、圧倒的なコストダウンを成功させました。

大量一括共同購入による仕入れのコストダウン

全国約250社の日本最大工務店ネットワークを持ち、年間8000棟を超える建築実績のスケールメリットを生かした大量一括共同購入での仕入れ価格のコストダウン。

さらに製造工場への直接発注などのシステムを導入することで中間マージンも排除しました。

そのため、有名メーカー各社の人気住宅設備も適正価格で提供することができるのです。

自社施工による中間マージンの排除

下請け孫請を使うことをせず、自社で直接施工または提携協力業者でのみの施工を行い、仕入時と同様に中間マージンを排除。

そして住まいの品質も全棟で維持することを可能にしました。

施工の合理化・計画的な配送

施工時の職人の手間を削減する施工合理化を進め、施工性を向上。

また自社物流センターを使用して計画的に資材を配送することで搬入回数を削減し、現場の効率化と配送費の削減を可能にしました。

耐震性へのこだわり

地震大国である日本で暮らすために必要となる地震への対策。

アキュラホームでは様々な対策を標準で装備した住まいを提供しています。

強い基礎と地盤調査

全棟で地盤調査を実施し、地盤の強さが不足している場合は地盤改良を実施。

さらにコンクリートの強い基礎を設けることで住まいを足元からしっかり支えます。

高倍率耐力壁

壁には壁倍率5倍の高倍率耐力壁「ストロングウォール」を使用。

耐力壁を設置することで、地震への強さだけでなく広い大空間の間取りも実現可能です。

実物大耐震実験の実施

独自に実施した実物大耐震実験では、震度7程度の揺れを複数回加震。

その結果、構造体はもちろん内装にも損傷はなく、アキュラホームの住まいの高い耐震性を立証したのです。

長く暮らせる家づくり

長期的に家族が快適に暮らすことを前提としているアキュラホームでは、住まいの可変性にもこだわっています。

家族のライフスタイルの変更に適応可能なライフサイクルウォールの活用で、将来的に個室を大空間に、大空間を個室に間取りの変更が容易に可能であり、大掛かりなリフォームは必要ありません。

さらに、ユニバーサルデザインを取り入れている室内はフラットで安全な環境。

お子様もお年寄りも安心して暮らすことができるでしょう。

湿気対策と通気工法

住まいの劣化につながる湿気への対策。

一番注意すべき壁体内結露を防止するために壁の中に高性能な防湿防水シートを施工し壁体内を常に風通しの良い状態を保っています。

床下も通常の床下換気口の1.5倍〜2倍の換気に能力を持つ基礎全周換気工法を採用しているので、より高い通気性を確保。

湿気を予防することでカビの発生も抑え、家族はクリーンな環境で長期間快適に暮らすことができます。

万全のアフターサポート

建築後の住まいで長期的に安心して生活を送るためには、適切な点検とメンテナンスが必要となります。

アキュラホームでは万全のアフターサポートが用意されているのです。

その内容を調べました。

無料点検と永代家守り活動

地域に密着したアフターサポートとして専門のスタッフが定期的な無料点検を実施しています。

さらにオーナー宅訪問「永代家守り活動」を通して、住み心地や経年劣化などの相談もしっかりとヒアリングし、家族の快適な暮らしへのアドバイスも行います。

35年長期保証プログラム

無料点検時に必要とされたメンテナンスを実施すれば最長35年間主要な構造躯体の保証を受けることができます。

家族は安心して長い年月を過ごすことができるでしょう。

365日対応のサポートシステム

オーナーの暮らしを支えるために、住まいのトラブルに365日夜間早朝も対応可能な「アキュラライフサポートシステム」を用意。

水漏れや設備のトラブルなどをしっかりとサポートし、安心・安全・快適な暮らしを提供します。

アキュラホームのここが残念?デメリット・注意点を紹介

アキュラホームについて様々な特徴と口コミをお伝えしましたが、アキュラホームで注文住宅を建築する際のデメリットとしてはオプションが割高であるということのようです。

設備については大量仕入れを行うことで大幅にコストを削減し、有名メーカーの設備を適正価格で提供しているために仕方がないことかもしれません。

予算内に納めるためにはオプションの利用時に費用対効果をよく考える必要があるでしょう。

また、こだわる部分と標準仕様を利用してコストを抑える部分を明確にし、家族の方向性を統一させることもおすすめです。

アキュラホームで実際に注文住宅を建てた人の建築事例を紹介

それでは、実際にアキュラホームでマイホームを手に入れたオーナーの住まいを紹介しましょう。

・ステップをリビングに設けました。

ダイニングと程よくエリア分けができ、家族が自然とベンチとしても利用できるのがお気に入りです。

子供が小さいため、和室をダイニングに繋げたので昼寝や一人遊びをしている子供を見ながら安心して家事ができる間取りが便利だと感じています。

その他にも収納もたくさん設けたお陰で片付けが楽になりました。

・タイルの中庭を設け、そこを中心に玄関・リビングがあるのですが、開放感と明るさを確保できました。

洗面スペースと脱衣所を独立させたのもこだわりです。

家族が同じ場所に混み合うこともありませんし、来客時にも脱衣所を見られずに済みます。

玄関ホールには物置も設けたのでアウトドアグッズもたくさん収納できますね。

・グランピングがしたくて、大きなウッドデッキをリビングの前に作りました。

家の中と外が繋がっているイメージの住まいです。

私が料理もホームパーティも好きなのでL字型の広いキッチンを設けました。

10人くらい立てるキッチンなので、子供も積極的にお手伝いしてくれますね。

休みの日だけでなく普段の毎日も自分らしく過ごせるようになったと思っています。

アキュラホームの主力商品ラインナップ3選を紹介!

ここでは、特徴のあるアキュラホームの主力商品を紹介しますのでご確認ください。

大収納のある家

1階と2階の間に大きな収納を設けた住まいです。

2階の床面積の半分未満なので居室とみなされず固定資産税も対象外。

大収納はオフシーズンのものはもちろん、レジャー用品の収納にも便利です。

大収納の分だけリビングの吹き抜けの高さができ、非常に開放的な空間となるでしょう。

三階のある家

限られた土地でも満足のいく暮らしができる都市型住宅。

縦型スリット窓などを採用し、プライバシーを保ちながら採光を確保。

リビング内階段を設ければ家族のコミュニケーションも自然と増え、多目的ルームを設けることで家族のライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるでしょう。

平屋の家

必要なものが手の届く範囲にある、ゆったりと生活のできる平屋の家では、家族の存在を常に感じた暮らしが可能です。

大空間のリビングも設けられるので開放的な雰囲気の住まいになるでしょう。

ダイニングの横に半個室空間を設ければ趣味の部屋としても利用できますね。

アキュラホームの注文住宅に関する実績

豊かな暮らしを提案する企業として様々な取り組みを行っているアキュラホームでは国や地方自治体から高い評価を得ています。

その受賞歴を調べました。

アキュラホームの受賞歴

・グッドデザイン賞2019優秀賞「かんな削りの木のストロー」

・グッドデザイン賞2018トリプル受賞「住まいと暮らしのサロン」「キラクノイエ」「センターハウス」

・グッドデザイン賞2017「在来木造建築業界の未来を帰る建築体制イノベーション」

【番外編】アキュラホームはどんな営業マンを採用している?採用情報を紹介

「日本の住まいを安くする」というミッションを叶えるために一致団結する必要があると考えているアキュラホームではサービスを提供し対価を得るだけでなく、お客様に喜んでいただくことを大切にできる人材を求めています。

そして社員一人一人が経営者になり、匠の心を持って様々なことに挑戦して欲しいと考えているのです。

アキュラホームの会社情報

アキュラホームが対応しているエリア

それでは、アキュラホームが対応しているエリアを紹介しましょう。

東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県・静岡県・愛知県・岐阜県・大阪府・兵庫県・奈良県・広島県・岡山県・山口県

アキュラホームの会社概要

社名:株式会社アキュラホーム

代表取締役:宮沢 俊哉

本社所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビルディング34F

設立:1986年5月

まとめ

アキュラホームの注文住宅について、口コミや評判をまとめました。

適正価格で高品質な住まいを提供しているアキュラホームでは独自のアキュラシステムを設けることで、大幅なコストダウンを実現しました。

アキュラホームの住まいであれば予算内で理想の住まいが手に入ることでしょう。

まずはその品質をお近くの住宅展示場にて確認してくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です